『アンナ・クリスティ』観劇

  • 2018.07.29 Sunday
  • 15:29

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

アンナ・クリスティ

よみうり大手町ホール 

2018.7.16 13:00観劇

 

 

<出演>

篠原涼子

佐藤隆太

たかお鷹

 

立石涼子

原康義

福山康平

俵和也

吉田健悟

 

<作>

ユージン・オニール

 

<演出>

栗山民也

 

2幕

休憩入れて2時間半。

 

元船乗りの父(たかお鷹)と

20歳の娘アンナ(篠原涼子)。

 

5歳の時に農場に預けられて以来の再会。

 

農場では子どもの頃から虐待され、

逃げ出してベビーシッターの仕事につくが、

その後 娼婦になり、

体を壊して、身も心もボロボロになって

15年前に自分を捨てた父を頼って。

ニューヨークにやってくる。

 

父は、娘のために良かれと思って農園に預け、

その後15年もたってしまったが、

いつか大人になった娘が

自分を訪ねて来る日を夢見ていた。

 

父が心から喜んでアンナを迎えてくれたのが、

アンナにとって、観ている観客にとっても救い。

 

2人の石炭船での生活が始まる。

 

「男なんて、みんな大っ嫌い!」

 

というアンナの前に

船乗りのマット(佐藤隆太)が現れ、

お互いに惹かれ合う。

 

「船乗りだけはダメだ」という父。

「初めて商売女ではない「まともな女」に出会った」

、、と、アンナに夢中なマット。

 

2人は、アンナが娼婦だったことを知らない。。

 

 

アンナはマットとの結婚を拒んでいたが、

仕方なく、娼婦だったことを2人に打ち明ける。

 

騙されたと怒り、

自分の苦しみをアンナのせいだと

被害者面で去っていくマット。

 

子どもの頃から、奴隷のようにこきつかわれ、

ようやく逃げ出したが、

生きていくために身を持ち崩した。

 

彼女は悪くないのに、

娼婦だったことを責める男たち。。。

 

「これからは、お父さんではなく俺に従うんだ。」

と、無意識なのだろうが、

彼女が所有物であるかのような言葉。

 

男性陣の理不尽な態度。

 

アンナは、冷静に見つめて

そのことにちゃんと気づいている。

 

彼女の強さと、賢さ、純粋さ。

そして、時々清らかな美しさを感じさせる。

 

篠原涼子さんの舞台は初めて観ましたが、

低いトーンのセリフは、

私には心地よかったです。

 

最後は、なんとなくハッピーエンドに終わったのも、

理不尽なモヤモヤ感が残らず、

救いがあってよかったです。

 

 

Blogのトップへ

 

花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(PC版)

花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(スマホ版)

 

 

<関連記事>

『夢の裂け目』 観劇(2018)

『 ヘッダ・ガブラー』観劇(2018)

『トロイ戦争は起こらない』 観劇(2017)

★『フェードル』観劇(2017)

『豚小屋 〜ある私的な寓話〜』 観劇(2017)

『母と惑星について、および自転する女たちの記録』 観劇(2016)

『あわれ彼女は娼婦』 観劇(2016)

『スリル・ミー』 観劇(2014)

『スリル・ミー』 天王洲 銀河劇場 観劇(2013)

『ピアフ』 シアタークリエ(2011)

 


にほんブログ村

文学座『怪談 牡丹燈籠』観劇

  • 2018.06.17 Sunday
  • 14:55

JUGEMテーマ:舞台鑑

 

文学座『怪談 牡丹燈籠

2018.6.2(土)13:30〜 紀伊國屋サザンシアター

 

 

『牡丹燈籠』といえば、

子供の頃、最も怖いと思った怪談の1つかもしれない‥。

 

夜ごと牡丹燈籠をさげてやってくる女性が

‥実は、幽霊だった。

日ごとにやつれていく男は、

真実を知り、出入り口にお札を貼る。

 

男の心変わりを恨めしく思い、

毎夜やってくるが、家に入れない幽霊‥。

 

私がイメージしていた牡丹燈籠は

これだけでしたが、

 

三遊亭円朝の落語を元にしたこの舞台は、

 

幽霊のお露の乳母に頼まれて

大金目当てにお札を剥がしてしまう長屋の夫婦

伴蔵と小峰や

 

お露の父を殺して

逃げることになってしまう妾お国と源次郎など、

 

色々な人物やストーリーが絡んでくる。

 

あぁ、だからチラシが

私の牡丹燈籠のイメージと違ったのね^^!

 

20年ぶりの再演だそうで、

初演から、杉村春子さんの持ち役だったという

幽霊お露の乳母お米と、お峰の2役は

富沢亜古さん。

 

途中、お米と小峰の早変わりがあったりして

面白い。

 

全く違うキャラクターの2役ですが、

幽霊のお米のこわーい感じも

2幕からの、店の女将さんの雰囲気も素敵でした。

 

    Blogのトップへ

 

 ⇒花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(PC版)

 ⇒花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(スマホ版)

 

 

 


にほんブログ村

 

『夢の裂け目』 観劇

  • 2018.06.16 Saturday
  • 19:31

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

 

夢の裂け目』新国立劇場 小劇場

 2018.6.16 12:00〜 観劇

 

 

<出演>

段田安則

唯月ふうか

保坂知寿

木場勝巳

高田聖子

吉沢梨絵

上山竜治

玉置玲央

佐藤哲

 

<作>

井上ひさし

<演出>

栗山民也

 

15分の休憩を入れて

ちょうど、3時間の舞台です。


 

 

昭和21年

紙芝居屋の親方天声(段田安則)は

GHQから検察側の証人として

東京裁判に出廷するように命じられる。

 

何とか無事に大役を果たし、

少し有名になって、商売も繁盛するが、

天声は、東京裁判にかくされた

ある真実に気づいてしまう・・・。

 

というお話。

 

 

ミュージカルではないけれど、

歌がたくさんはいった音楽劇。

 

舞台前方に生演奏。

開演前から演奏が始まっていて、

少しいい気分です。

 

多くはクルト・ワイルの音楽。

 

検察側の人として、

天声の口述書を作るミドリ(保坂知寿)が

自分の生い立ちを語り、

そして、天声が東京裁判をうまく乗り切れるかどうか心配する場面の

三文オペラの『ソロモン・ソング』の曲を使った歌。

 

笑いの多い1幕の中で

ジーンとさせられる。

歌の上手い女優さんの本領発揮。

 

ソロモンソングって

私の中では「メロディー」だけで心が動く曲の1つです。

それだけでも、(;;)。

 

国家と、戦争犯罪人と、普通の人々。

普通の人々には、罪はないのか。

 

『学問というのは、

 社会の枠組みを磨いて、

 次の世代に引き継ぐためのもの。』

という、セリフ。

 

笑いの中で、色々考えさせられる舞台です。

 

 

  Blogのトップへ

 

 ⇒花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(PC版)

 ⇒花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(スマホ版)

 

 

<関連記事>

『 ヘッダ・ガブラー』観劇(2018)

『トロイ戦争は起こらない』 観劇(2017)

★『フェードル』観劇(2017)

『豚小屋 〜ある私的な寓話〜』 観劇(2017)

『母と惑星について、および自転する女たちの記録』 観劇(2016)

『あわれ彼女は娼婦』 観劇(2016)

『スリル・ミー』 観劇(2014)

『スリル・ミー』 天王洲 銀河劇場 観劇(2013)

『ピアフ』 シアタークリエ(2011)

 


にほんブログ村

 

『 ヘッダ・ガブラー』観劇

  • 2018.04.28 Saturday
  • 20:24

花束

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

ヘッダ・ガブラー』シス・カンパニー

 シアターコクーン 2018.4.28 13:00〜

 

 

<出演>

寺島しのぶ

小日向文世

池田成志

水野美紀

佐藤直子

福井裕子

段田安則

 

<演出>

栗山民也

 

<作>

ヘンリック・イプセン

 

休憩入れて、2時間半の舞台。

 

 

ヘッダ(寺島しのぶ)と夫テスマン(小日向文世)が

新婚旅行から帰ってくるところから舞台が始まる。

 

最初、薄暗いステージに、

メイドが下手側の大きな窓の雨戸(?)を開けると光が差し込んでくる。

 

幕開けから、印象的。

 

 

ヘッダの夫テスマン

昔の恋人レーヴボルク(池田成志)

学校時代からの知り合いエルヴステード夫人(水野美紀)

判事(段田安則)

 

どの人も、

そこそこ幸せでいられたはずなのに

ヘッダの行動によって、壊されてしまう。

 

でも、面白いのは、

ヘッダは、悪女ではない‥。

 

客観的に見れば、

幸せで、

恵まれている境遇なのに、

 

退屈な夫との結婚生活、

将来に対する絶望‥

昔の恋人に対する複雑な思いや、

彼を立ち直らせ、追いかけて家を出てきた、

昔の後輩に対する嫉妬

焦燥感。

 

彼女の中に、様々な不満が渦を巻き、

許せない思いや、その苦しさを、

吐きだし、行動にうつし続ける。

 

 

昔の恋人の再起をかけた大切な原稿を隠し、

絶望した彼に拳銃を渡して、自殺をそそのかし、

その死後、スキャンダルを恐れて自分も拳銃で命を絶つ。

 

その行動が、周りの全ての人を巻き込む

破壊的なものだったとしても‥

 

必死に心の苦しさと闘い続ける彼女を、

悪女だとは思えない。

 

そんな、寺島しのぶさんのヘッダ・ガブラーでした。

赤いドレスが美しい。

 

 

家族思いで、善良で、研究熱心な

テスマン役の小日向文世さん

ヘッダの嫌味にも苛立ちにも、全く気づかない。

 

ヘッダが、この人との結婚生活にうんざりするのが

なんだか理解できる、絶妙な役作り。

 

俳優さんがみんな

存在感があって、

見ごたえのある舞台でした。

 

          Blogのトップへ

 

 ⇒花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(PC版)

 ⇒花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(スマホ版)

 

 

<関連記事>

『トロイ戦争は起こらない』 観劇(2017)

★『フェードル』観劇(2017)

『豚小屋 〜ある私的な寓話〜』 観劇(2017)

『母と惑星について、および自転する女たちの記録』 観劇(2016)

『あわれ彼女は娼婦』 観劇(2016)

『スリル・ミー』 観劇(2014)

『スリル・ミー』 天王洲 銀河劇場 観劇(2013)

『ピアフ』 シアタークリエ(2011)

 


にほんブログ村

『グレイテスト・ショーマン』鑑賞

  • 2018.04.07 Saturday
  • 18:50

JUGEMテーマ:映画

菜の花

『グレイテスト・ショーマン』2018.4.1鑑賞

 

 

ヒュー・ジャックマンが素敵でした!

 

ストーリーが物足りないという評判もありますが、

音楽の力で、登場人物の思い、

夫婦、親子、恋人、友情、仲間の愛が

すごくパワフルに伝わってくる。

 

 

バーナム(ヒュー・ジャックマン)は、

職場を解雇され、

興行師となって、今までにないショーを作る。

 

『ユニークな人求む』

の求人に集まってきたのは、

髭のはえた女性や、大男、小男

巨漢、全身刺青の男や

犬のように毛がはえた男性。

 

‥こういう人達を、見世物にするの‥?

と、最初は思ったのですが、

 

違っていた。

 

それまで、ずっと人目につかないようにと隠され、

目立たぬように、ひっそりと生きていた彼らが、

自分のありのままの姿で、

堂々と人前にでられたことで、

生き生きとエネルギーに満ちてくる。

 

一人ぼっちで生きてきた人生に、

家族のような仲間と、居場所を得る。

 

ショーは大ヒットし、成功をおさめた一方で、

一部の街の人たちの、強烈な反感を買う。

 

 

全ての成功を失って、

ゼロからスタートしなくてはならなくなった時、

 

劇場の焼け跡で、

かつて、新聞に強烈な批判記事を書き、

ショーを『サーカス』と揶揄した記者が、

バーナムに言う。

 

 様々な人達が、平等にステージに存在するこのショーは

 『人間の祝祭』だ。

 

その言葉が、この映画の全てだなぁ、と思いました。

 

Blogのトップへ

 

 

花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(PC版)

花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(スマホ版)

 

 


にほんブログ村

 

『I Love Musica 〜precious time music〜』観劇

  • 2018.03.04 Sunday
  • 20:09

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

正月

I Love Musical 〜precious time music〜

2018.3.2 15:00~ 

 

<今日の出演>

 岡田浩暉

 咲妃みゆ

 藤岡正明

 吉沢梨絵

 

 司会:立花裕人

 

 

今回は、ヤマハホールというコンパクトな空間で、

岡田浩暉さん以外は、みなさん2ステージずつ。

 

日替わりで違う内容になるので、

大変ですね‥。

 

この日は、出演者が4人なので、

それぞれたっぷり歌が聴けます。

 

いつものような、セットはなく、

フラットなステージにバンドのみという

シンプルな空間。

 

ライブっぽいです。

 

ステージも近い。

 

今日は、藤岡正明さんが素敵だなぁと思いました。

‥で、気づいたのですが、

よく名前をお見かけするけど、

ダブルキャストだったりして

実際には、あまり藤岡さんを観たことがなかったのかもしれない!

 

ブラッドブラザーズ『長い日曜日』の

7歳児ミッキーの直後に、

同じ藤岡さんの『100万のキャンドル』。

ミュージカルコンサートでは、

男性が女性の歌を歌うことがありますが、

このマルグリッドの歌、よかった。

 

ブラッドブラザーズ、エディの岡田さんの、

曲中の動きが変すぎて、笑ってしまった‥Docomo_kao1

やりすぎです、7歳児‥。面白いけど 笑顔

 

1幕最後のレ・ミゼラブル。

『彼を帰して』

『星よ』

 

その岡田浩暉さんの、『彼を帰して』。

ジャベールは、コンサートで何度か歌われていたけど、

バルジャンは初めて。

とうとうバルジャンに ねこ 

 

高音がきれいで。とってもよかった!

 

次の『Stars』は藤岡さんかと思ったら、

岡田さんと藤岡さん2人のジャベールで。

迫力の1幕の終わり。

 

咲妃みゆさんと吉沢梨絵さんの

『ルドルフ・ザ・ラストキス』

この舞台は観たことがないのですが、

お二人の個性が生きている感じで好きでした。

 

2幕は、カタログミュージカル特集。

 

楽しい舞台でした♪

 

   ⇒Blogのトップへ

 

 

花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(PC版)

花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(スマホ版)

<関連記事>

シアタークリエ10周年記念コンサート『TENTH』 観劇

『I Love Musical History』 観劇(2017)

『I Love Musical』 観劇2016.12)

クリエ・ミュージカル・コレクション掘抓儼 (2017)

KOHKI OKADA presents 『 I Love Musical

 −岡田浩暉デビュー25周年を記念して− 観劇

 


にほんブログ村

シアタークリエ10周年記念コンサート『TENTH』 観劇

  • 2018.01.11 Thursday
  • 21:43

音符

シアタークリエ10周年記念コンサート『TENTH』

2008.1.7 観劇

 

 

<出演>

第1部 ネクスト・トゥ・ノーマル

安蘭けい

海宝直人

岡田浩暉

村川絵梨

村井良大

新納慎也

 

第2部 ガラコンサート

中川晃教

伊礼彼方

海宝直人

Spi

武田真治

岡田浩暉

彩吹真央

新納慎也

 

上演時間は2時間50分

 

 

 

ロビーに。

出演者が、

それぞれ自分のキャラクターのところにサインしています。

演目が変わっていくと、

どんどんサインが増えていくみたい。

 

第1部が、これまでのクリエで上演された舞台のダイジェスト版。

1時間半に短縮されたもの。

第2部はガラコンサート。

 

1週目の第1部は

『ネクスト・トゥ・ノーマル』

 

私は、実際の舞台を観ていないのですが、

知らないで観たら、

きっとダイジェスト版だとは気づかないかもしれない。

 

却って、

何がカットされているんだろう?

フルバージョンだとどんなだろう?

という期待がふくらんでしまって、

再演があったら、ぜひ観てみたいです。

 

ストーリー(HPから)

 ダイアナ(安蘭けい)は双極性障害を患い、

 現実と空想の間で生きている。

 そんな彼女をなんとか支えようとする

 夫のダン(岡田浩暉)。

 そんな日常の中で、なんとか普通に振舞おうとする

 娘のナタリー(村川絵梨)。

 16年間の闘病の中での苦痛、喪失、

 そしてその先に見えた希望の光とは。

 

この演目には、

初めて観る人のために、

絶対にネタバレしてはいけない要素があるようですので^^、

ストーリーは詳しく書きませんが、

 

1幕が終わって

 

トイレにいったり、

ロビーを一回りしたり

座席に戻り

2幕の幕が上がる。

 

20分の休憩中

ずっと、涙をこらえていて

もう2幕が始まる直前あたりなんて

本当に号泣したいような・・。

 

不思議なことに

観てる間よりも、

その後に、じわじわと胸が締め付けられるような感情が

洪水のように襲ってきた・・・

 

愛? 喪失感? 希望?

 

 

そして始まった2幕は

とても明るく、賑やかで華やか!

 

セットリスト

ちょっとぶれていますが。

 

とっても楽しいガラコンサート。

観に行ってよかった!

 

 

         ⇒Blogのトップへ

 

 

 ⇒花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(PC版)

 ⇒花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(スマホ版)

<関連記事>

『I Love Musical History』 観劇(2017)

『I Love Musical』 観劇2016.12)

クリエ・ミュージカル・コレクション掘抓儼 (2017)

KOHKI OKADA presents 『 I Love Musical

 −岡田浩暉デビュー25周年を記念して− 観劇

『クリエ・ミュージカル・コレクションII』 観劇(2015)

『クリエ・ミュージカル・コレクション』(2014)


にほんブログ村

 

『杏仁豆腐のココロ』 観劇

  • 2017.12.30 Saturday
  • 22:56

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

正月

『杏仁豆腐のココロ』 ウッディシアター中目黒

2017.12.24 14:00〜 観劇

 

 

<出演>

武藤令子

関幸治

 

<演出>

ボビー中西

 

<作>

鄭義信

 

もう観てから1週間たってしまったのですが…

『杏仁豆腐のココロ』

1時間50分の2人芝居。

 

 

クリスマスイブの夜

段ボールに荷物を詰め

離婚の準備をする2人。

 

2人の最後のひと時。

 

離婚をする2人とは思えないような

日常のなにげないやりとりや、

思い出話。

時にすれちがい、ぶつかる言葉。

 

表面上は、

仕事をやめてから専業主夫をする夫に、

家業を閉め、弁当屋で働く妻が愛想をつかし

離婚に至ったことになっているが、

 

2人の最後の会話から

だんだん、本当の理由が見えてくる。

 

避け続け、口にすることができなかった

過去の悲しい出来事。

 

最後の夜に、初めて、

互いに自分の気持ちを話し始める。

 

最後は、2人でクリスマスソングを聴き

おだやかで温かい雰囲気で終わるのですが

その後、どうなるのかははっきりしない。

 

とても密度の濃い

気持ちを揺さぶられるような舞台でした。

 

あれだけ、お互いに理解しあったら

もう離婚する理由は見当たらないと、

観ている方は思うのだけど、

 

あの後、2人はどうするのだろうか。。。

 

 

この舞台を観に行ったのは、

マイズナー・テクニックという

アクターズスタジオのメソッドを元にしたものに

興味をひかれたからです。

 

どんなものかをちゃんと理解してはいませんが、

 

相手とのやりとりの中から生まれる

本物の衝動で、お芝居を作っていく。。

という感じかな?

決め事や、段取りの中で進行していく芝居ではなく。

 

アクターズスタジオの

リー・ストラスバーグの本を読んだことがあるけど、

俳優に精神的なダメージを与える可能性のある部分をなくしたりという、

改良をされてできたメソッドみたいです。

 

公演のための稽古も、

 

台本なしに

役同士の相手から受ける衝動でやりとりをしたり

役の人物としてすごす時間や

長い時間をかけて、

人物の関係性や、感情を作ってから

最後の短期間で、台本にそった、いわゆる普通のお稽古をする

、、らしい。

 

今までにないやり方で作られた舞台。

 

その結果、ということなのでしょうが、

 

舞台で俳優さんが

その人物をとても濃く演じていると思いました。

役の人物として、本当にたくさんのことをしている。

 

例えば、すごく小さなことだと、

こたつの上のみかんを手に取るのだって

その人なりのやり方がある、というような‥。

 

そのために、人物がリアルに

生き生きと見えてくる。

 

今回の舞台も、すごくよかったのですが、

今後、どんな風になっていくのか、

本当に楽しみだな、と思いました。

 

          Blogのトップへ

 

 ⇒花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(PC版)

 ⇒花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(スマホ版)

 

 



にほんブログ村  

『Concierto del Tango−タンゴのすべて−』鑑賞

  • 2017.10.25 Wednesday
  • 21:38

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

ねこ

日亜修好120周年記念特別企画

CD『Todos del Tango (タンゴのすべて)』

発売記念コンサート

Conciert del Tango ータンゴのすべてー

めぐろパーシモンホール 2017.10.25 12:00〜

 

 

 

<出演>

彩乃かなみ

久野綾希子

クミコ

咲妃みゆ

姿月あさと

鳳翔大

星奈優里

真琴つばさ

水夏希

渡辺えり

 

アルベルト城間

伊礼彼方

岡田浩暉

篠井英介

 

CDは、他にもたくさんの歌手の方が

参加されているようです。

 

 

台風が去って、

今週はぽかぽか晴れの日が続く、

と思っていたのですが、、、

 

朝起きたら、雨の音。

気温も12月並みの寒さだという。

‥どうなってるんだ。

 

平日ですが、私は今日はお休みで、

タンゴのコンサートへ。

 

2時間45分の舞台。

 

歌も、ダンスも、演奏も、

素晴らしいコンサートでした。

 

宝塚出身の方が多かったのですが、

名前や曲名の紹介がないので、

私には、姿月あさとさんと真琴つばささん以外は

ほとんど舞台で見分けがつかず‥。

 

このメンバーの中では、

歌手ではない渡辺えりさんの

ピアソラ『ロコのバラード』。

役者のすごさを見せつけられる

一番のインパクト。

 

アルベルトさんは、

すごく昔、テレビのスペイン語講座に出演されていて

歌も聴いていたので、なんだかなつかしく、

スペイン語の歌詞もさすがに決まってます。

歌、やっぱりうまい。

 

アルベルトさんの他は、

唯一スペイン語で歌ったのが、伊礼彼方さん。

伊礼さんはハーフなんですね.

 

岡田浩暉さんの

『追憶 Remenbranza』もよかった!

大人の歌ですね。

 

このステージ、男性陣が少ない。

 

 

クミコさんの

『Chiquilin de Bachin

日本語で歌われるのを初めて聞いたのですが、

とても好きな歌。

 

最近、タンゴを聴いていなかったのですが、

あ、これ昔好きだった曲だけど・・何だっけ?

 

とか、色々と発見があって

面白かったです

『Nostalgias』 というドラマチックな歌。。

 

あと、歌のない曲。

『Evaristo Carriego』 かな?

パンフを買っていないので‥.

 

家に帰ったら、タンゴを聴こう。

 

 

座席は、横のLの席だったのですが、

前の手すりが、ちょうど舞台と重なって

センターで立って歌う人に

手すりがかぶってしまって見えない‥。

下の隙間から覗き込む。

 

下手に立つ人は

少し体を乗り出さないと見えない‥。

 

ちゃんとステージが見えない席が「S席」というのは

ちょっとどうかと‥。

 

少し、劇場(主催者?)の方は

考えた方がよいのではないかな?

 

何だか、舞台を横から覗かせてもらってるような、

ちゃんと観ている感じがしなかったかなぁ。

 

          Blogのトップへ

 

 ⇒花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(PC版)

 ⇒花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(スマホ版)

 

 



にほんブログ村  

『トロイ戦争は起こらない』 観劇

  • 2017.10.09 Monday
  • 10:42

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

木馬

トロイ戦争は起こらない

新国立劇場 中劇場 2017.10.7(土)13:00

 

 

<出演>

 鈴木亮平

 一路真輝

 鈴木杏

 谷田歩

 三田和代

 他

 

<演出>

 栗山民也

 

 

上演時間は2時間45分

 

 

終演後、客席から外に出る時に

何だかボーっとしてしまった。

 

‥というか、

心の中が、シーンと静まりかえっている感じ。

その世界から抜け出しきれないというか‥。

 

ジャン・ジロドウ作

『トロイ戦争は終わらない』

 

戦地から戻ってくる

トロイの王子エクトール(鈴木亮平)。

妻アンドロマック(鈴木杏)のお腹には子供が授かっていて、

平和な暮らしが待っているのかと思いきや・・

 

また、戦争の危機にあるという。

 

エクトールの弟パリスが、

絶世の美女である

ギリシャの王妃エレーヌ(一路真輝)を

誘拐してトロイに連れ帰ってしまったから。

 

ギリシャ国王は激怒して

トロイに迫る。
 

『トロイ戦争は起こる。』と言う

姉カッサンドラ(江口のりこ)の予言。

 

エレーヌをギリシャに返して

何とか戦争を回避しようとするエクトール。

 

しかし、エレーヌの虜になってしまっている

トロイの男たちは、

エレーヌを帰すくらいなら戦争だ!と盛り上がり、

 

戦争を避けようとするエクトールは孤軍奮闘、

味方をするのは女たちばかり・・。

 

当のエレーヌは、

自分のために戦争が起ころうとしているのに

どこ吹く風・・。

 

なすすべもなく、流れは戦争へと向かっていく。

その人々の愚かさが描かれていく。

 

戦争を賛美する男たちは、

戦場で無残に死んでいく兵士のことなど頭になく、

戦地で嫌というほどそれを見てきたエクトールとは

全くかみ合わない。

 

滑稽な男たちの言い分に対する、

エクトールの母エキューブ(三田和代)の

鋭い言葉が面白い。

 

ギリシャの知将オデュッセウス(谷田歩)とエクトールとの会談で

かろうじて戦争を避けられたかと思った矢先に・・

1つの嘘によって、

一度閉じられたトロイの戦争の門は、再び開く。

 

 

「フランスの外務省の高官としても活躍し、

 情報局総裁までつとめたジロドゥが、

 1935年、ナチスドイツが台頭する中

 戦争に突き進む人間の愚かしさをあぶりだし、

 平和への望みをかけて書いたのが

 本作『トロイ戦争は起こらない』です。

 (HPより)」
何だか、今の世界の在り方と
重なるところがたくさんある。

 

 

これは、ロビーにあった

舞台装置の模型です。

 

円形の広場と、

それを囲むスロープ。

 

円の空間は、

場面によって照明の光で様々な形に切り取られ、

色々な空間へと変化する。

この空間を使った人々の動線は美しい。

 

シンプルな衣裳。

 

アンドロマックの赤、

エレーヌの白

カッサンドラの緑

エキューブの水色が

絵画のように舞台に映える。

 

美しさと、緊迫感

人の愚かさや、愛。

 

 

言葉がむつかしい・・

というか、その言葉が何を意味しているのかを

くみ取るのがむつかしい。

 

実は、ちょっと気を抜いて観ていて

どうしてそういう展開になったのか

よくわからなかったところがあり、

もう一度観ればもっと理解できるところが

あるのかもしれません。

 

でも、それは、この舞台のマイナス点ではなく

深さなのだろうと思います。

 

‥観る方の、自分の資質を問われるというかDocomo_kao1

 

観客の方に、作品のレベルに早く追いつけ、という

演出家の声が聞こえてくるような・・汗

 

 

そして、

何故かそれなのに、客席に強烈に届いてくる

登場人物の思いに圧倒される。

 

 

          Blogのトップへ

 

 ⇒花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(PC版)

 ⇒花フェルデンクライス・メソッドwebサイト(スマホ版)

 

 

<関連記事>

★『フェードル』観劇(2017)

『豚小屋 〜ある私的な寓話〜』 観劇(2017)

『母と惑星について、および自転する女たちの記録』 観劇(2016)

『あわれ彼女は娼婦』 観劇(2016)

『スリル・ミー』 観劇(2014)

『スリル・ミー』 天王洲 銀河劇場 観劇(2013)

『ピアフ』 シアタークリエ(2011)

 



にほんブログ村  

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Blog村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM